ネイルスクールの講師になるには?

ネイルの試験を受験し、ネイリストとし活躍した後のステップとして、ネイリストの後輩を育てるお仕事としてはネイルスクールの講師という道も選択肢としてあります。

ただ、講師として勤務するには「JNA認定講師」になる必要があり、JNA認定講師になるためには「JNA認定講師資格試験」に合格する必要があります。

この認定講師の資格取得には条件があり、資格試験を受験するためには「ネイリスト技能検定1級に合格していること」「ネイリストとしての実務を経験していること」「JNAの個人正会員」などです。
この他にもいくつかの条件が定められており、少し難易度が高い資格とも言えるでしょう。

ただ逆に考えると、そこで認定講師になれれば、全国各地にあるJNA認定校などで講師として働ける道が見えてくるということです。

たくさんの人が講師を目指す理由

講師として勤務したいと考える方の理由の一つとしては、自分へのリスク回避が挙げられるようです。

ネイルサロンを開業している方やネイルサロンで勤務されている方など含めて、お客様を相手に商売をしている以上はお客様に来店頂かないといけません。
そして、万が一お客様の来店が減ってしまった場合には利益が減る可能性があります。

さらに、ネイリストは思っている以上に体力仕事です。
また、特にハードに感じられることは、ネイリストが抱えがちな「肩こり・首こり」「眼精疲労」「腰痛」といった職業病もあるようです。

ただなんといっても一番多い理由は、
「ネイリストを目指す後輩たちの夢を実現させてあげたい」と思い、講師になられる方が多いようです。